毛穴の凹みをなんとかしたいあなたへ

毛を抜くなら毛根から抜き、毛穴のケアをしましょう

ムダ毛処理などでも、

 

毛を抜いてはいけない

 

ということは常識になってきています。

 

 

これは、毛を抜くことのメリットより、デメリット=ダメージのほうが大きいからです。

 

しかし、やむを得ず毛を抜かないといけない場合もあるでしょう。

 

 

どんな場合かと聞かれると、困りますが・・・。

 

 

そんな時に、この方法で、毛根から抜くことによって、毛穴への負担が少なくなります。

 

参考にしてください。

 

 

毛根から抜く前にすること

 

毛抜きで毛を抜くことは、肌や毛穴にダメージを与えます。

 

黒ずみの原因になったり、埋もれ毛を発生させたりしてしまいます。

 

ここでは、そのリスクを最小限に抑えるやり方をご紹介します。

 

 

そのためには、抜く前にしておくべきことがあります。

 

 

それは、

 

 

蒸しタオルで毛穴を開いておく

 

 

ことです。

 

 

事前に少しでも毛穴への負担を軽減するために、

 

蒸しタオルを抜きたい毛の付近へ置いておきます。

 

しっかりと肌が蒸されてから抜くようにしましょう。

 

 

 

肌や毛穴に負担の少ない抜き方

 

肌や毛穴に負担をかけずに抜きたいものです。

 

その方法は、

 

 

毛の流れに沿って抜くこと

 

 

です。

 

考えてみれば当たり前ですが、毛の流れに沿って抜くと負担が少ないですし、

 

途中で、プチッと切れたりすることがありません。

 

 

これは、非常に重要なことです。

 

 

途中で切れたりすることによって、埋もれ毛の原因になったりして、

 

毛穴への負担が増大するからです。

 

見た目も、途中で切れると黒ずんだようにみえますので、注意が必要です。

 

 

もちろん、抜いた後のケアも重要です。

 

毛根から抜かれた毛穴の炎症を起こしかねませんので、

 

抜いた後は、しっかり冷やして、毛穴を休ませてあげましょう。

 

 

これを怠ると、どんどん毛穴が開いていってしまいます。

 

また、しっかり冷やした後は、保湿などをしっかりしてくださいね。

 

 

どうしても抜かないといけない場合以外は、あまり、毛根ごと抜くことはおすすめできません。

 

やはり、毛穴への負担が大きいからです。

 

しかし、どうしてもの時は、この方法を試して、負担を少なくしてあげましょう。