毛穴の凹みをなんとかしたいあなたへ

毛穴パックはNGテープを使う方法はもっとNG

 
鼻の頭に毛穴パックしませんでしたか?

 

思い起こせば、私は、大学生のころと、社会人なりたての頃していました。

 

あのはがした後にパックに立っている角栓を見て快感を感じていたものです。

 

 

しかし、あの毛穴パックは肌にとっても悪影響を及ぼしていました。

 

ここでは、毛穴パックについて考えてみましょう。

 

 

毛穴パックはなぜ毛穴ケアに悪いのか?

 

毛穴の角栓を、パックで毛穴から取り出す方法として、

 

一見問題がなさそうな毛穴パックですが、

 

よくよく観察をしてみてみると、角栓以外にもぶつぶつがついていたりします

 

これはなんなのでしょうか?

 

 

これは、肌の角質です。

 

 

しかも、良質の角質の可能性があります。

 

 

毛穴パックは、強力なテープです。

 

この強力なテープで肌に密着し、汚れを引きはがします。

 

この時、汚れだけを引きはがしてくれるのであればよいのですが、

 

実際には、角栓だけでなく、その周囲の角質も引きはがしてしまいます

 

 

この角質は、肌を保護する役目もありますので、肌自体が露出してしまうことになります。

 

こうなると、肌を守るために、皮脂の分泌が促され、皮脂が増えることになります

 

 

そうすると、余分な皮脂が毛穴に入り込み角栓となります。

 

そこで、登場するのが毛穴パックです。

 

 

無限の悪循環ループに陥ってしまいます。

 

毛穴パックは、角栓だけでなく、そのエリアすべての角質を引きはがすことが問題なのです。

 

 

 

どのようにして毛穴パックを使わずにケアをするの?

 

では、どのようにして、毛穴パックを使わずに角栓ケアをするべきなのでしょうか?

 

答えは、

 

 

きちんとした洗顔を行う

 

 

です。

 

きちんと、洗顔料を泡立てて、泡で洗うことが、最も負担が少ないケアのやり方です。

 

その時に、冷水を使うことはNGです。

 

肌に刺激が強すぎるため、ぬるま湯がベストです。

 

 

ついつい、冷水で、肌を引き締めたくなりますが、

 

肌が引き締まるのは一瞬だけで、肌への刺激が強すぎて、

 

かえって皮脂の分泌を促してしまうことになります。

 

 

きちんと洗顔をすれば効果はすぐに表れますので、毛穴パックは卒業しましょう。