毛穴の凹みをなんとかしたいあなたへ

木工用ボンドで角質取りなんてもってのほか!!

 

 

木工用ボンドで角質を取ろうとする人がいます。

 

これは、今すぐにやめた方がいいです。

 

コストをいくらおさえるかということから考えても、

 

木工用ボンドでやってみてその結果、肌を痛めて病院へ行くようになったら、

 

かえって高くつきます。

 

 

木工用ボンドは角質・角栓取りに有効か?

 

木工用ボンドを手につけてしまったことがありませんか?

 

ついてしまった木工用ボンドをはがしてみたでしょ。

 

 

肌についていた汚れも一緒に取れてしまいませんでしたか?

 

 

結局のところ、この木工用ボンドで角栓取りをすると、

 

角栓だけでなく、健康な角質も一緒にはがれてしまいます

 

 

さらに、本来は『木工用』ですから、木工用ではない肌に使うことによって、

 

肌荒れの原因になります。また、万が一、木工用ボンドが毛穴の奥深くに入って

 

とれなくなってしまったばあいには、オイルで滑りなどをよくしてからの方がいいでしょう。

 

 

木工用ボンドでやると毛穴が広がる?

 

木工用ボンドに限らず、角栓を取るということは、そこの毛穴を刺激しているということになります。

 

この角栓を取るとどんどんどんどん毛穴が広がって取り返しがつかないことになります。

 

最も重要なことは、木工用ボンドに限らず、角栓をシールのようなもので取らないことです。

 

角栓を取ることで、肌や毛穴の刺激が増大します。

 

そうすると、皮脂の分泌が活発になり、さらに汚れが発生してしまうという悪循環になります。

 

角栓をとるには、泡で優しく洗顔をすることが一番です。

 

少なくとも、木工用ボンドで角栓を取ろうとするのはやめたほうがいいですね。

 

確実に毛穴へダメージがいき、毛穴が広がってしまいますよ。