毛穴の凹みをなんとかしたいあなたへ

脇のざらつきは毛穴の黒ずみが原因のことがある

 

脇がざらつくことはありませんか?

 

脇のざらつきの原因にはいろいろなものがありますが、

 

毛穴のケアをきちんと行えば改善をすることがあります。

 

他の人からは見えにくいけれど、自分ではとっても気になる脇のトラブル、

 

なんとかできるところはなんとかしていきましょう。

 

 

脇のざらつきの原因

 

ムダ毛処理のトラブル

 

この場合は、ムダ毛を処理する段階で、なんらかのトラブルが発生しています。

 

一番多いのは、毛抜きで抜いて毛穴に炎症ができてしまっている場合です。

 

また、途中でムダ毛が切れて埋没毛になってしまって黒ずみとざらつくこともあります。

 

ムダ毛の処理は、カミソリで剃ることが基本です。

 

ただし、この場合も、カミソリ負けしてしまい、皮膚全体のトラブルが発生することもありますので、

 

注意が必要です。

 

 

肌の乾燥

 

肌が乾燥しすぎていると、肌を守ろうと皮脂が分泌されます。

 

そうすると皮脂が、毛穴の凹んでいる部分に入り込んで、ボコボコになります。

 

これがざらつきとして感じられることがあります。

 

 

脇は、風通しが悪くあまり乾燥をしないように感じますが、かえって汗の分泌が多く、

 

肌を守る環境としては整っていません。

 

汗は流れていくので、肌を守るまではいかないんですね。

 

そうすると、肌環境としてはあまりよくはないので、汚れなども毛穴にたまっていきます。

 

 

毛穴のつまり

 

毛穴が詰まってざらつきます。

 

 

この毛穴のつまりは治すことは可能です。

 

しかし、根気がいりますので、時間をかけていくことが必要ですね。

 

 

脇は汗と一緒にいろいろなものがたまりやすい部位です。

 

できるだけのケアをしていきましょう。

 

 

脇のざらつきを取るケアは?

 

実は、脇のざらつきは、

 

 

「毛穴ケア」・「保湿」

 

 

この2つで解決することも多いです。

 

 

毛穴のケア

 

毛穴のケアだけでなく、ムダ毛の処理も一緒ですが、

 

まずは、温めて毛穴を開かせてやることが大切です。

 

 

蒸しタオルを脇に当てて1分程度蒸らしましょう。

 

その時に熱ければいいというわけではありませんので温度には気を付けてください。

 

 

毛穴をしっかり開かせてから毛を剃りましょう。

 

 

また、毛穴の汚れを取るには洗浄が大切です。

 

薬用石鹸もしくは、刺激の少ない洗顔料でもOKです。

 

 

これらをしっかりと泡立てて、泡で洗います。

 

力を入れてこすると肌に余計な刺激を与えることになりますので、

 

力を入れず、優しくなでるようにする程度で大丈夫です。

 

泡が洗浄をしますので、これでばっちり汚れは落ちていきます。

 

 

1回ではなかなか落ちきらないので毎日続けるとよいです。

 

1日で何とかすることは難しく、肌に刺激を与えすぎるので避けましょう。

 

 

保湿

 

その後の保湿も重要です。

 

洗浄した後はすぐに保湿です。

 

 

この保湿をすぐにしないと、皮脂の分泌が促進され、

 

せっかく洗い流したのにまた、毛穴に汚れが入ってしまいます。

 

保湿剤を塗りましょう。

 

 

できれば、保湿剤は

 

 

セラミドやヒアルロン酸

 

 

が入っているものをお勧めします。

 

保湿と同時に肌に潤いを与えてくれるからです。

 

 

毛穴のケアと保湿を続けると見違えるように脇がきれいになりますよ。