毛穴の凹みをなんとかしたいあなたへ

なぜ!?脇が蒸れても毛穴は開かない??

 

 

脇の毛穴を開かせるために、「蒸しタオルをおいて毛穴を開かせましょう。」と聞いたことはありませんか?

 

でも、脇ってすでに最初から結構蒸れた環境におかれています。

 

腕と脇腹とで密着していて、さらに服を着ていれば蒸れる条件は備わっています

 

しかし、脇が蒸れて毛穴が開いてケアがしやすくなった!!なんて話は聞いたことがありません。

 

どうなっているのでしょうか?

 

 

脇が蒸れても毛穴は開かない?

 

なぜ蒸れても毛穴は開かないのでしょうか?

 

それは、軽く絞った蒸しタオルなどを置いた場合は、蒸気が直接毛穴を包み込み優しく蒸気で開かせます。

 

しかし、通常の、脇が蒸れた環境は、全体的にジメジメとしていて、ピンポイントではありません。

 

また、蒸れるといってもやはり隙間は存在するので完全なムシムシ状況とは異なります。

 

 

さらに、少し開いたとしても、皮脂や古い角質などが入り込み、詰まってしまいます。

 

こんなときに、毛穴を絞って皮脂などを出そうとしてはいけません。

 

脇の毛穴を絞ることによって、余計な刺激が入るため、かえって毛穴が拡大したり、炎症を起こしたりする可能性があります。

 

こうして、毛穴の汚れがどんどん増え、黒ずみの原因になっていくわけです。

 

 

ですから、考えようによっては心配をしなくてもいいわけです。

 

むしろ、脇が蒸れて全開に開いた方が、そこに、どんどん汚れやゴミが入っていくためよくないということになります。

 

よかったよかった。

 

しかし、たまってしまった汚れやゴミを取り除くのはどうすればいいでしょうか?

 

 

蒸れている脇を快適環境にする方法

 

最も必要なことは乾燥です。

 

 

蒸れている環境では、皮膚の常在菌も活躍してしまうし、汗もでてきます。

 

できるだけ乾燥した状態を保つようにしましょう。

 

 

そして、毛穴ケアや洗浄をした後は、保湿です。

 

この保湿と乾燥は正反対のように見えますが、

 

洗浄後は、皮膚がむき出しの状態で、この状態が続けば皮膚を守ろうと、

 

皮脂の分泌が盛んになります。そのため、毛穴に皮脂がつまりやすくなってしまいます。

 

それを防ぐためにも保湿をしていきましょう。

 

 

保湿剤の使用や化粧水・美容液などできちんとケアをしましょう。

 

 

それでも気になってしまう脇の毛穴の悩み。ついつい絞ってみたらなんか白いものがでてきたことないですか?調べてみました。
 ⇒脇の毛穴を絞ると出てくるものは何?