毛穴の凹みをなんとかしたいあなたへ

脇が毛嚢炎になってしまうのはケアのやり方が間違っている

 

 

毛嚢炎

 

それは、ムダ毛処理のやり方を間違えている者に与えられている罰ゲーム・・・。

 

 

毛嚢炎になったことはありますか?

 

毛穴のトラブルで最も多い炎症はこの毛嚢炎です。

 

 

しかも、顔など毛穴が多いところより断然多いのが脇です。

 

なぜ、毛嚢炎になってしまったのでしょうか?

 

 

毛嚢炎になる原因

 

毛嚢炎になる原因はおおむね2つです。

 

毛を抜く作業をしていたが、その時に

 

 

毛抜きを使った
 
カミソリでじょりじょりいった

 

 

このどちらかです。

 

共に、皮膚に強い刺激を与えてしまったために毛穴が炎症を起こしてしまったのです。

 

 

毛抜きなどの後は毛穴はぽっかりと大きく開いています。

 

ここに皮膚常在菌であるブドウ球菌が入り込んで炎症を起こします。

 

特に毛抜きを使った場合にはなりやすいですね。

 

 

毛嚢炎の対策

 

毛穴に細菌が入り込むのが原因ですから、それを防げばいいわけです。

 

 

まずは、

 

 

毛を毛抜きで抜かない。
 
清潔に保つ

 

 

この2つを気を付けてはいかがでしょうか?

 

毛抜きで毛を抜かなければ、開きっぱなしの毛穴は存在しないことになりますから、

 

毛嚢炎になるリスクはかなり減ります。

 

 

どうしても毛を処理したい場合は、シェーバーはいかがでしょう?

 

肌に直接刃が当たらないので肌に傷をつけるリスクは格段に減ります。

 

 

シェーバーを使うのに抵抗がある方は、脱毛サロンというてもあります。

 

脱毛サロンの場合は限られた都市部に集中しているということもあり、

 

地方になると選択肢としては上げにくいようです。

 

 

ケアがなくなれば、心配は減るわけですから。

 

毎日のケアが肌の状態を表していますよ。