毛穴の凹みをなんとかしたいあなたへ

毛穴が気になりだした中学生にできる簡単ケア

 

 

中学生になってしばらくするとニキビに悩まされるようになります。

 

みんな黙っていても気にしています。

 

 

中学生の皮膚は新陳代謝が非常に盛んで、皮脂がたくさん出るため清潔が保てなくなり、

 

アクネ菌が活躍してニキビとなります。

 

 

これは、ある意味仕方がない部分です。

 

しかし、ニキビを減らすと同時に、毛穴のケアを始めることも重要になってきます。

 

 

ここでは、中学生が自宅でできる簡単ケアについてご紹介します。

 

 

洗顔

 

中学生におすすめする最大の方法は洗顔です。

 

しかし、ただ単に洗えばいいというものではありません。

 

洗うコツというものがあります。

 

これをマスターすると肌の感じが全然変わりますよ。

 

 

洗顔料

 

洗顔料は市販のものでも構いませんが、刺激の少ないものを選びましょう。

 

 

「クール」とか「刺激強め」とか「スクラブ配合」とか

 

は避けましょう。

 

 

極論でいえば、石鹸(薬用でない物)でも構いません。

 

肌に優しいものを使いましょう。

 

 

泡立て

 

最も大切なのは、この泡立てです。

 

洗顔は泡でします。

 

この泡にこそ、洗浄成分のすべてが入っています。

 

泡ネット等を使って、しっかりきめの細かい泡を作りましょう。

 

 

いわば、ここにすべてのパワーを注ぎ込んでも構いません。

 

しっかりたっぷりの泡ができれば、洗顔の8割は成功です。

 

 

ぬるま湯で洗う

 

冬でも冷たい水の方が刺激的で引き締まったように感じるかもしれません。

 

しかし、冷たい水で肌が引き締まるのはその瞬間から30分程度です。

 

それ以外の時間は毛穴が開いてしまいます。

 

 

洗顔は、ぬるま湯で行うのが基本です。体温より少し低いくらい32度くらいがベストですが、

 

あまり細かくこだわりすぎる必要はありません。

 

 

ぬるま湯で行いましょう。

 

ぬるま湯で行うことによって、人肌ですから、肌にとってもなじみがいいのです。

 

 

ハートを描くように洗う

 

泡を顔の下の方から上へ両手でハートを描くように撫でるように洗いましょう。

 

泡を肌に密着させていくだけで、こする必要はありません。

 

優しく撫でる程度で十分効果があります。

 

洗浄成分は泡にありますので、泡にすべてを任せましょう。

 

 

すすぎ

 

やはりぬるま湯で流しましょう。

 

きゅっきゅとなるまでやる必要はありません。

 

流し残しがないようにすすぎましょう。

 

 

これで、洗顔はばっちりです。

 

これを毎日するだけで、肌の感じは全然違います。

 

ただし、洗顔は1日2回までです。

 

やりすぎるとかえって肌に刺激を与えすぎて皮脂の分泌を促してしまいますよ。