毛穴の凹みをなんとかしたいあなたへ

毛穴からゴマが取れた!これってゴマなの?

ゴマ。

 

 

それは、体にいいと言われ、消化はあまり良くないからすりごまがよいと言われているものですね。

 

ちなみに「ゴマすり」という言葉は、

 

「他人のために、栄養が吸収されやすくなるようにゴマをすってあげていたから」

 

という語源が一説ではあるそうです。

 

 

そんなゴマが、人間の体から発見されたんです。

 

とはいえ、本当のゴマではないんですけど。

 

人間の体のゴマの産地は、毛穴です。

 

なぜ、毛穴からゴマみたいなものがでてくるのでしょうか?

 

 

毛穴からとれるゴマみたいなものは何なんだ!?

 
本当にゴマみたいですよね。白ごまよりは、少し透明感があるかな。

 

このゴマみたいな物体は、「コメド」と呼ばれるものです。

 

 

ゴマではなかったんですね・・・。

 

 

このコメドは、古い角質が皮脂と合わさって固まったものです。

 

 

それが、毛穴に詰まってゴマみたいな形状になってしまうのです。

 

このコメド、成分は、古い角質が約70%、皮脂汚れが約30%となっています。

 

 

ほとんどが、角質なんですね。それにしては、本当にゴマみたいに見えます。

 

 

角質とは思えない。

 

 

このコメド、毛穴からきれいに取れるとすっごいすっきりしません

 

 

私はついつい気になっちゃって爪を使って押し出します。

 

 

すっごいすっきりします。

 

 

ただ、考えてみれば、コメドを取った後の毛穴って開きっぱなし。

 

 

うまくいかなかったら、皮膚や毛穴を傷つけてしまっています。

 

 

そうあったら、ニキビの原因になるアクネ菌や、

 

他の細菌が繁殖し、炎症を起こすことがあります。

 

 

炎症を起こすと、毛穴そのものが陥没して、クレーターのようになってしまうことがあるので

 

要注意です。

 

 

コメドはどうしたいいの?

 

コメドは、そのままほったらかしにしておくよりは取った方がいいのですが、

 

私のように爪を使ったりして取るのはよくありません。

 

 

肌や毛穴を傷つける可能性が非常に高いからです。

 

 

是非していただきたいコメドの取り方は、

 

 

蒸しタオルで顔を蒸らす。

 

 

ことから始めます。

 

 

 

電子レンジで約1分温めた、蒸しタオルを顔にのせます。

 

この時に、温度は必ず確認してくださいね。

 

熱すぎるタオルは、肌に負担をかけてしまいます。

 

ほどほどで。

 

 

3分くらいおいてしっかりと、蒸します。

 

 

これで、毛穴がしっかりと開くわけです。

 

 

毛穴が開いてしまえば、毛穴からコメドは取れやすくなっています。

 

 

そこへクレンジングをします。

 

 

この時のポイントは、通常のクレンジングでかまいませんが、

 

 

とにかく、優しくすること

 

 

力を入れてこするようにすると逆効果です。

 

 

撫でるように優しくクレンジングをしてください。

 

 

コメド対策には洗顔が最も重要

 

クレンジングが終わったら、いよいよ洗顔です。

 

 

コメド対策には、この洗顔が最も重要です。

 

そして、ポイントは、

 

しっかりと洗顔料を泡立てて、必ず泡で洗うこと

 

です。

 

 

石鹸でも洗顔料でもそうですが、

 

泡立てた泡の中に、汚れを落としたりする成分が含まれています。

 

 

ですから、原液をそのまま顔につけても効果としてはかなり薄いものになります。

 

しっかりと泡ネットなども用いて、泡をたっぷり作ってください。

 

たっぷりの泡を顔につけて、マッサージをするように優しくあらいましょう。

 

 

このときの泡ですが、きめの細かい、もっちりとした泡が理想です。

 

水分をしっかりと含み、さらに洗顔成分もしっかり入っているため、

 

洗顔と保護とを同時に行うことができます。

 

 

この泡がいまいちだと、洗い上がりにツッパリ感を感じてしまいます。

 

 

もっちり泡だと、水分がしっかりと含まれているため、洗顔をしながら、

 

角質層へ水分のアプローチをすることができます。

 

 

また、洗い上がりが肌自体ももっちりと張りのある肌になります。

 

泡で、毛穴を洗うと、毛穴の中がきれいになります。

 

 

洗顔後は保湿

 

そして、洗顔後は保湿です。

 

毛穴の引き締めを考えると収れん作用のある、化粧水がいいのですが、

 

これを肌全体に使ってしまうと肌への負担が増えてしまいます。

 

 

収れん化粧水は、気になるコメド跡地などに集中的に使う方が、効果的です。

 

 

顔全体は、角質層へ潤いが届くような化粧水を用いてケアをしていきましょう。